Hirofumi Misawa, oder Franz wie ich mir voll respektvollem Scherz ihn zu nennen pflege, da er mich durch seine Frisur und seinem Habitus an Franz List erinnert, ist immer mit Musik beschäftigt. Ich weiss gar nicht, ob er auch etwas anderes von dieser Welt wahr nimmt. Er denkt und lebt andauernd in der Welt der Musik. Wenn immer wir einander begegnen sei, es offizielle Gesprächstermine, oder einfach im Haus oder auf der Strasse, dreht sich unser Gespräch immer um Musik. Misawa ist ständig voller Ideen, über Besetzungen, musikalischer Probleme, oder Interpretationen. Er braucht einfach gute Musik zum Leben. Nichts macht ihn rastloser als schlechte Verwirklichung von Musik. Ich glaube er ist so etwas wie der geheime Gralsritter der grossen Meister. 
Mit grosse Freude sehe ich deshalb der Aufführung des Deutsches Requiem unter der Leitung von Hirofumi Misawa entgegen.

Thomas Novohradsky   
Artistic Director for the Opera Division   
New National Theatre   

 三澤洋史氏のことを、私はいつも尊敬を込めながらちょっとふざけて「フランツ」と呼んでいる。常に 音楽に没頭している彼の髪型と容姿が、私にフランツ・ リストを思い起こさせるからである。彼がこの世のもの以外の何かを知覚しているのかどうか私には分からない。しかし彼は始終音楽の世界の中で思考し生きて いる。
 公的な会議であれ、ただ劇場の中で、あるいは道ばたでたまたま出会った時であれ、私達の話題の中心は常に音楽だ。キャスティングや音楽の諸問題、あるい は演奏解釈に至るまで、彼はいつもアイデアで満ち溢れている。彼は人生にただ良き音楽を必要としている。彼の元では悪い音楽などあってはならないのだ。私 には彼が、まるで偉大なる巨匠達に仕える“秘密の聖杯の騎士”のように思われるのである。
 そんな三澤洋史氏の指揮するドイツ・レクィエム演奏会が開催されることを、私は心より喜び、今から心待ちにしている。

新国立劇場オペラ部門芸術監督   
トーマス・ノヴォラツスキー   



当ホ−ムペ−ジに掲載された記事、写真、 イラスト等の無断転載を禁じます。
Copyright © HIROFUMI MISAWA  2005 All rights reserved.