Das MDR Seminar Cafe MDR

ドイツ・レクィエム ゼミナールの記録

三澤洋史による「ブラームスのドイツ・レクイエム ゼミナール」を下記の日程・内容で開催しました。

〈各講演のテーマ〉  [日程と会場]
第一回 [1月22 日(土)16時開講 会場:スタジオクロスロード]
 
ブラームスとドイツ・レクィエム
・ドイツ・レクィエムの成立過程
・曲全体の構成及び音楽の構造のアウトライン

・ドイツ・レクィエムで使用した聖書の言葉の研究
・ブラームスの歌曲、声楽曲におけるテキストと音楽との関係

第二回 [2月6日(日)18時開講 会場:スタジオクロスロード]
 アナリーゼの実践 T
・第一曲目から第四曲目までの楽曲分析
・ブラームスにみる歌謡性と構築性との相剋

第三回 [3月12日(土)16時開講 会場:スタジオクロスロード]
 アナリーゼの実践 U
・第五曲目から第七曲目までの楽曲分析
・ブラームスのオーケストレーションと声楽の扱いについて


第四回 [4月16日(土) 15時開講 会場:東響クラシック・スペース100]

 ドイツ・ レクィエムの演奏
・ドイツ・レクィエム徹底聴き比べ〜指揮者達はどこにこだわったか?
・ブラームスの響きの秘密
・演奏の実際〜ブラームスを演奏する喜びと難しさ〜私のブラームス

〈ゼミナール資料〉 
第一回レジュメ   ドイツ・レクイエム
第二・三回レジュメ 合い言葉はFAB
第二・三回レジュメ ドイツ・レクイエムテキスト研究
第四回        ドイツ・レクイエム ゼミナール資料


〈会場案内図〉
 A東響クラシック・スペース100(大久保) 新宿区百人町2-23-5 矯風会館1F

最終更新日
2005年5月30日