CaféMDR


仁徳天皇陵


……《ひとこと》   でも、こんな忙しい最中に、27日木曜日の夜は、なんと日本武道館にサンタナのコンサートを観に行く。ええっ?と思うでしょう。でも、これだけはハズせないんだなあ。 2017.4.24 ……… 

1 ようこそCafeMDRへ
2 三澤洋史プロフィール
3 三澤洋史の演奏会
4 今日この頃(2017)
5 musical ナディーヌ
6 東京バロック・スコラーズ
7 今日この頃(2016)
8 今日この頃(2015)
2017年4月24日

MENU

「更新原稿が読めない」と質問を頂くことがありますが、これは携帯電話の中に以前の閲覧データが残っていることが考えられます。

画面表示中にブラウザボタンで「ページ更新」を押して頂くか、トップメニュー付近に「ブラウザ履歴のクリア」というようなボタンが用意されている場合には、それで古い閲覧記録を消してみてください。
新しく読み込みが出来てお楽しみ頂けることでしょう。

Cafe MDR ホームページ上で参照あるいはご紹介のハードウェア、ソフトウェア、コンテンツ等に関してのお客様でのご利用に関しましては免責事項とさせていただきます。

Cafe MDR コンシェルジュ
MENU
 


《ドイツレクイエムCD申込方法》2011.7.4改定
2011.7.4よりチャリティ販売となります。
1枚 定価2500円(送料込み)

1.本ボタンで 起動されるメールに下記の必要事項をご記入の上ご予約ください。
 ①申込CD枚数
 ②氏名
 ③郵便番号
 ④住所
 ⑤電話番号(市外局番からお願い致します)

2.折り返し、MDR事務局よりお送り致します申込要領に沿ってお手続きをお願い致します。

3.お手続きの完了を確認次第、順次発送させて頂きます。
MENU

制作はコロンビア・レコードです。

導入部のパイプオルガンからぞくっとしました。そしてコーラスが入ってくると今までに聴いたことのないブラームスがそこにあるのです。この様な演奏が実際にあったこと自体が奇跡と思えるほどの「ドイツ・レクイエム」なのです。

コーラスとオーケストラのバランスも程よく、すっぽりと人を癒してくれる主張で貫き通されています。それはこの曲を歌っているコーラスの実力がいかんなく発揮された結果、曲の構造が手に取るように分かりやすいことと一致するように思います。

もともと2重3重にテーマが重なったこの曲をよく分かるように演奏することはとても難しく、ただただテンポがゆっくりと長いとか、轟音の中をひた走るフーガで破綻してしまったCDが市場では名盤とされていますね。

しかしこのCDはそれらとは全く違っていて、ブラームスに迫れるだけ迫った演奏と言えるのではないでしょうか。フーガがこんなにハッキリと聴けるCDはそう多くはないでしょう。他にも一杯良いところがありますが、それは皆さんと一緒に探して行きましょう。とにかくアマチュアのコーラスをここまで表現させたマエストロの力量の凄さに改めて感謝します。ありがとうございました。

Cafe MDR コンシェルジュ
MENU

■その他の事務局へのご連絡はご面倒おかけしますが cafe.mdr.office のあとに続けて @gmail.com をつけてお送り下さい。SPAMメール対策のため2008年9月14日より表記方法も含めて本アドレスに変更させていただきました。よろしくお願いします。なお、万一お送り頂きましてもお答えできない場合がありますので予めご了解下さいませ。



Cafe MDR コンシェルジュ
MENU


Copyright (C) 2004-2015
HIROFUMI MISAWA
All rights reserved.