いよいよ7月に突入

三澤洋史 

写真 三澤洋史のプロフィール写真

いよいよ7月に突入
 今日は7月1日月曜日。いよいよ7月に突入し、アッシジに向けて出発まで、あと16日。練習には、今週末の7月6日土曜日に行き、それから、出発前の特別練習は、7月15日月曜日海の日に13:00-17:00という時間帯で行われる。

 コロナ禍の前には、当たり前のように行っていた海外なので、もっと普通に喜んで楽しみにしていればいいのに、不思議と・・・何か恐いような・・・本当に行っていいのかな、というためらいのような感情がある。別に、現地に行ってコロナに移ったら・・・とかいう具体的な心配では全くないんだけど、なんだろうな・・・理屈ではない不安のようなものが、僕の内面に巣くっている。
 新型コロナ・ウィルス感染拡大というものが、心の表面意識だけではなく深層心理の領域にまで、これほどマイナスの影響力を与えているのかと驚かされる。なにか楽しいことをするとバチが当たるみたいな・・・かつては外出も随分制限されたり、芸能人の誰かが感染すると激しいバッシングを受けたのを見たりしていたものな。
 とはいえ、別に遊びに行くわけではない。僕の守護聖人のアッシジの聖フランシスコの故郷に合唱団を連れて行って、Preghiera Semplice(聖フランシスコの平和の祈り)やCantico delle Creature(創造主への賛歌)をはじめとする自作の宗教曲を神様に捧げるのだ。誰に臆することあろう。誰に遠慮することあろう・・・と自分に言い聞かせているのに、自分で笑ってしまう。

 ともあれ、行くんだ!今年は、いつにない特別な夏なのだ!バチが当たるどころか、むしろこれは神様からの命令なのだ!

 先日6月8日土曜日のカトリック田園調布教会での国内演奏会では、かなりの人たちから、
「とても美しい曲で感動しました」
というお褒めの言葉をいただいた。作曲者本人を目の前にしてだからお世辞もあっただろうがね。でもお世辞だとしても嬉しい!
 次の週のイタリア語のレッスンで、イタリア人の先生に、
「正直に言ってね。こうしたジャズやポップスやラテン音楽の混じった曲想で、アッシジの演奏会を聴いて、怒る人っていると思う?」
と訊いたら、
「それはいないと思うわ。宗教曲にしては変わった曲ねえ、くらいに思う程度だと思うよ」
と答えてくれたので、ひと安心。別に大きな成功を期待しているわけではないけれど、これらの曲想の中に隠れている僕の真摯なる信仰心は伝わって欲しいと願っている。

2024.7.1





© HIROFUMI MISAWA